Q:情報商材のセールスコピーの仕事の取り方を教えてください。

コピーライティングを勉強中しています。
セールスコピーを業としている方にご教示頂きたいです。

情報商材のコピーを書く練習のために、

本番(実際に取引)を交えて練習しようと思っています。

 

A:情報起業家に直接営業をかけるのは得策ではないと思います。

名前が通っていたり、しっかりと売り上げている人は既によいライターを抱えているでしょうし、

稚拙なライティングで世に出している人はお金をかけて改善しようという発想が弱い可能性が高いのではないでしょうか。

営業をかけるならHPやランディングページの製作会社の方が良いと思います。

多忙な時期に助けてくれたり、格安で受けてくれる外注先ならとりあえずストックしておこうという考えで関係をもってくれる会社は多いです。

大規模ではなく小~中規模の企業(または個人事業)がターゲットとしては最適です。メールかチラシ送付で営業してみるのもいいでしょう。

ただ一番おすすめ(というか一般的)な方法はマッチングサイトで応募する方法です。

ランサーズや@SOHOなどのサイトにいけばライティングの仕事が沢山あります。自分に出来そうなものを選び、最初は格安で応募すれば採用してくれます。

それを繰り返していく中で技術を学び、自信や実績がついてきたら価格を挙げていけば良いです。

 

 

 

Web・SEO対策、セールスライティングのご相談はこちらまで。

一般社団法人ウエブセールスライティング協会