マーケティングを理解するには、

広告の初歩とは何かを知らなければなりません。

広告とは、つまりセールスそのものであるということ。

両者の成功と失敗は同じところから来るからでです。

つまり、広告の基本は、モノを売ることです。

そのため、広告の成功か否かは採算性で判断しなければならない。

広告は、セールスマンとして扱い、

コストに見合う結果を求めなければいけません。

他の広告と比較して、コストと結果を比較する必要があります。

もちろん、弁解を認めることは避けることです。

広告とセールスマンとの大きな違いは規模が大きく異なることです。

1人のセールスマンが話す相手には限界がありますが、

広告には1度に数千人に営業することが出来ます。

その代り、セールスマンの損害は小さく抑えることもできますが、

広告の失敗は1000倍の損害を被ることもあるのです。

そのため、広告の扱いは厳密、かつ、慎重に行わなければなりません。

そそいて、広告を書くには特別な才能が必要と思われていますが、

広告の文章はセールスマンの話と同じで、簡潔で明瞭で、

説得力がなくてはなりません。

広告は、相手を楽しませるモノではありません。

派手なデザインや粋な文章は必要ありません。

広告はセールスと同じということをもう一度思い浮かべてください。
優秀なセールスマンの行動をそのまま取り入れることが最適です。

それは、お客様を研究して、買い手の立場からモノを見ようとする。

広告が成功するかどうかも同じで、この一点にかかっています。

そして、お客様が欲しくもないモノを売ることが失敗の最大の原因です。
広告とはセールスそのものである。

皆さんも、この原則をもう一度思い返してみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田稔

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
セールスライティング等のご依頼はこちらまで。

一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/