広告と言えば、何を思い浮かべますか?

CM,新聞広告、郊外に林立する看板、電車の中の吊り広告・・・

ネットが登場した現代では、画面上に様々な広告が現れてきます。

ただ、今も昔も形は変われでも広告が無くなることはありません。

では、広告の役目は、

ただ単に商品やサービスの宣伝だけが役目なのでしょうか?

確かに、50年以上昔の広告は、商品の売りこみが役目で、

ある意味ギャンブルのようなものでした。

でも、今の広告にギャンブル性は無く、

確かな手法が確立されているのです。

現代広告の役目とは、あらゆるデーターを収集して、

販売促進の最大効率化する方法を生み出すというものです。

何度もテストをして原則を学び、実証する。

その手段がキー付き広告(具体的な反応が得られるような仕掛け付きの広告)で、

クーポン、サービス券などを使い広告の反応を追跡してゆくのです。

その方法を比較・記録して、

特定の方法が常に効果を発揮するということが判った時、

それが原則として確立されるのです。

これらの知識は広告の基本原則として、

幅広く広告に適用することができる。

そのために、売れるかどうか判らない商品をどうやって売るかを悩む必要はなくなり、

集めた反応を基にして、

新たに売れる商品を作れば良いだけになったのです。

広告で効果が今まで上がらなかったという人は、

その広告で得られたデーターを記録して、

再考することをお勧めします。

そこから、消費者の買いたいモノが浮かび上がってくるのですから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一般社団法人ウエブセールスライティング協会

代表理事

岸田 稔

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たかが文章。されど言葉1つ、伝え方1つで劇的に変わるのがライティング。

集客ができる。

収入が上がる。

自由に仕事ができる。

夢を叶える事ができる「セールスライティング」。

あなたの人生を変えるお手伝いを!

一般社団法人ウエブセールスライティング協会

http://webセールスライティング協会.jp/