通販広告には小さな文字が利用されていて、通常の印刷物より小さいのが一般的です。
そこには無駄なスペースが何処にもありません。
これは大きな文字が利益を生まない事を示しています。
もちろん、見出しやグラフィックの効果を用いた通販広告もあり意味効果的ではありますが、コストという面から考え欲しい。
文字のサイズを倍にするためと広告スペースを倍に増やす場合に考えてみると、大きな広告は売り上げを増加させるかもしれないが、


販売コストも倍になっていることがその後に判る。


広告スペースは無駄なく利用されている。


全ての行は有効に活用され、らせんが利用されている事はめったにない。


通販広告には無駄な文言も無い。

 

その商品の卓越したサービスを語る場合を除いて自慢話も無ければ、意味の無いおしゃべりも無い。


娯楽の要素は不要なのです。


また、通販広告にはクーポン券やサービスになどが付いていることが多い。

興味を持った客に何らかのアクションを起こしてもらうためだ。


人間は忘れっぽい生き物である。


読み手は興味のある雑誌を読んでいて麻績揃い記事を見つけて夢中になることはよくある事。


広告に目をとめ、何かをしようとした人の大半は5分でその決定を忘れてしまう。

 

この去ってゆく見込み客を黙って見過ごすことはできない。


クーポン券やサービス券は、この見込み客が行動を起こす時間できた時に、再度行動を促してくれるのです。


通販広告には、見込み客への行動心理学まで読んで作られているのです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たかが文章。されど言葉1つ、伝え方1つで劇的に変わるのがライティング。

集客ができる。

収入が上がる。

自由に仕事ができる。

夢を叶える事ができる「セールスライティング」。

あなたの人生を変えるお手伝いを!

一般社団法人ウエブセールスライティング協会

http://webセールスライティング協会.jp/