短期間で商品を売る必要がある場合、通販広告には伝えるべき情報が全て盛り込まれ、そこに文字数の制限はない。
通販広告のモットーは「情報量が増えるほど売り上げも増える」ということ。
色々なテストをすれば判ると思いますが、結果はこの言葉を裏付けています。
広告には大小様々なものがあり、小さい広告でもそれなりのストーリーを伝えることはできますが、

 

二倍のスペースがあれば反応も二倍になります。


四倍のスペースがあれば四倍、またはそれ以上の反応を引き出すことが出来るのです。


ただし、これは大きい広告のスペースが小さい広告と同じくらいに有効に活用された場合にのみ言えることです。


半ページの広告を全面広告のスペースに掲載すれば、反応当たりのコストは二倍に増えます。


これは過去のデーターでも明らかなのです。


これは長く掲載されている通販広告に当てはまるものです。


全ての特徴、言葉、イラストが広告の本来あるべき姿を示しています。


人によれば、見栄えが悪い、ゴチャゴチャして読みにくいと批判する。


でも、その広告がその時点において、当該商品の最高のセールスマンであることはテストで実証されているのです。


もちろん、採算が取れている事は言うまでもありません。


広告を打つ場合、まずは情報量について考えてみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
たかが文章。されど言葉1つ、伝え方1つで劇的に変わるのがライティング。
集客ができる。
収入が上がる。
自由に仕事ができる。
夢を叶える事ができる「セールスライティング」。
あなたの人生を変えるお手伝いを!
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~