普通の広告にキーを付けてもセールスマンとしての教訓は受け取れます。

しかし、通販広告は困難な方法で商品を売り、利益を上げている。

通信販売で何かを売るという事は、

客を店に呼び寄せることよりもはるかに難しいことなのです。

見ることが出来ない商品を売るのは非常に困難な事です。

それを達成している通販広告は、広告の原型といえます。

もちろん、広告作業においてすべてこの原則を満たされるもので張りません。

広告主の意向で妥協させられ事などはよくある事です。

プライドというものに邪魔されることもあります。

でも、広告の原則から離れれば離れるほど販売コストは上昇するのです。

そして、どれくらいのコストがかかるかを調べることはできます。

広告にキーを付けて、他の広告と比較するのです。

テストの結果は常に、成功している通販広告に近づくほど、

同じコストで獲得できる客は消えてゆくことを示すことになります。

通信販売で物を売ることと店舗で物を売ることの本質的な違いは何だろう?

セールスマンシップの手法に違いはあるのだろうか?

答えは違いなどは無いということです。

違いがあるならば、原因は2つあるという事です。

1つは、広告主が通販広告の広告主なら当然知っていることを知らないで、やみくもに広告を売っている場合。

もう1つは、何かの欲求を満足させるために、

広告主が敢えて利益の一部を犠牲にしている場合があります。

確かに、プライドを守るためには犠牲を払っても良いと構わないと考える。

豪華なオフィスやビルなどがその例ですね。

では、プライドの対価は何かを考える必要があります。

そして、広告が期待通りの反応をもたらさなかった時は広告の原型、

優れた通販広告に立ち戻り無駄を排除しなければなりません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
偶然に人は成功できるのではありません。
必ず、成功できるのです。
成功する方法させキチンと学べば誰でも成功でるのです。
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~