広告とセールスマンとの大きな違いは、

直接消費者と接するかどうかにあります。

セールスマンが目の前に立っていたら無視するのは難しいですが、
広告を無視することは簡単です。

でも、見込みのない人物をあらかじめ選別することはできませんから、

セールスマンは商品を買わない可能性が高い相手に時間を浪費されています。

でも、広告を読むのは広告の内容に興味を持っている人だけです。

読み手は自分の意志で広告の内容を吟味しているのです。

見出しの目的とは、商品に興味がある人を抽出することです。

例えば、人混みの中で、誰かを呼び止めようとするならば、

まず、「お~い!○○さん」と呼びかけて注意を引きますね。

広告も同じで、全ての人が商品に興味を持つわけではありません。
一部の人が特定の理由で興味を持つのです。

そのために、その興味を持つ人を呼び止める見出しを考えなければなりません。

例えば、特に相手を特定しない場合の見出しや面白い表現でも、

大きな注目を集めることはできるかもしれません。

でも、その注目の大部分は商品を買う見込みが全く無い人かもしれません。

一方、広告がターゲットとする消費者は、

その広告が自分の求めている情報を提供されていることに、

全く気が付かないかもしれません。

広告の見出しとはそういうものです。

新聞の記事を最初から最後まで読む人はいません。

政治だけ、いや、スポーツ欄だけしか関心を持たない人もいます。

でも、ある人が見向きもしないページを誰かが最初から開くかもしれません。

読者は、見出しで読む記事を決めるのです。

そのため、見出しは誤解を招くようなものではあってはなりません。

見出しは、記者の腕の見せ所であり、

見出し次第で読者が関心を持つかどうかを決めるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
偶然に人は成功できるのではありません。
必ず、成功できるのです。
成功する方法させキチンと学べば誰でも成功でるのです。
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~