ある女性を日本で一番の美女と報道した記事があるとする。

その美女と友人たちはこの記事に大きな関心を持つでしょう。

しかし、その記事の見出しが「弥生時代の歴史」だったら、

その美女本人も友達も記事を読むことは無かっただろう。

これは、広告も同じことで、消費者は一般に広告を読まないと言われている。

もちろん、現実にこの説は当たっていません。

膨大な広告についての反応率の高さを見れば、

如何に広告に高い関心を持っているかは明らかな事実なのですから。

もちろん、人々は楽しみのために広告を読むのではありません。

一瞥して、興味の引くものではなさそうだと思えば、

その広告を読むことはありません。

ファッションショーの広告は、

たとえ見開き全面スペースの新聞広告でも、

男性読者の関心は引かないでしょう。

また、ひげそりシェーバーの広告は女性読者に訴えることはないでしょう。

人々は常に忙しく、また、急いでいるものなのです。

特に、有望な顧客と目される様な有望な人は、

読み切れないほどの情報を抱えているのが普通です。

読みたい本を買っても中々読めないことが起こるのである。

読む価値がある情報を提供して、それを見出しで示さない限り、

広告の主張に耳を傾けることはありません。

印刷物は人を退屈にさせることは無いが、

気に行った相手やテーマを選ぶことが出来る。

人々は色々な話題に興味を持っている人がおり、

雑誌や広告には人々が一番知りたいと思っている商品・情報が乗っているかもしれないが、

見出しやイラストでそれを伝えない限り、

人々がその商品・情報に気が付くことは無いのです。

有能なライターは本文よりも見出しの部分に膨大な時間を割いている。

勿論、3日や4日かかることなどザラに起こることだ。

大量の失敗作の後に、ようやく見出しが決まるのです。

広告にたいする反応の総量は、

ターゲットの読者の関心を引くことが出来たかどうかで決まります。

どんなに優秀なサラリーマンでも、

話を聞いてもらわなければ商品を売ることは出来ません。

まず、広告の見出しを徹底的に研究してください。

見出しを変えれば、反応率が簡単に変えられるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
偶然に人は成功できるのではありません。
必ず、成功できるのです。
成功する方法させキチンと学べば誰でも成功でるのです。
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~