まず、石けんの広告を例に取り上げてみます。

「いつまでも清潔に」という見出しは、

ごく一部の人の関心しか引かないかもしれない。

これは至極ありふれた主張と言えます。

では、「動物性油脂不使用」という見出しならどうでしょうか?

消費者は油脂のことなど気にして居ないかもしれない。

「雲のような石けん」という見出しなら気を引くことが出来るかもしれませんね。

しかし、肌の美しさやきめの細かさに関する見出しの方がずっと多くの注目を集めることが出来るでしょう。

では、自動車の広告ならどうでしょう?

サスペンションの性能をうたった広告は素通りされるかもしれない。

でも、「究極の空力ボディー」に変えれば、反応は50倍に増えるでしょう。
このように見出しの重要性については理解できたと思います。

広告にキーを付ければ、見出しによって反応が大きく変わることに気が付いたと思います。

広告の製作者の気に入る見出しと、

最も多くの反応を引き出す見出しが一致することはほとんどありません。

広告製作者は消費者のもとめているものを一般かできるほど、

多くの消費者を知らないのが原因なのです。

そのため、効果を上げる見出しは実験を通してケースバイケースで分析する必要があります。

でも、一貫した原則と言うものは必ず存在するものなのです。

広告と言うものは、数千万人の目にさらされるものですが、

関心を引くべき相手はその一部にしか過ぎません。

それは、大きな集団かもしれないし、小さな集団かもしれません。

いずれの場合も、その集団にターゲットを絞って、

その集団の心を掴む見出しを考えることが重要です。

育乳ブラの広告なら、男性と子供のことを考える必要はありません。

お酒の広告なら、お酒を飲まない人に用はありません。

女性はひげそりシェーバーの広告に興味を持たないし、

口紅の広告が男性の関心を引くこともありません。

広告を目にした数千万人が数千万人ともその広告を読み、

その商品が自分の関心に合うかどうかを検討してくれるなどとは考えてはいけません。

人々は、見出しやイラストを一瞥するだけで、

その広告を読むか読まないかを決定します。

監視を引きたい相手に集中して、

それ以外は無視することなのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一般社団法人ウエブセールスライティング協会

代表理事

岸田 稔

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

偶然に人は成功できるのではありません。

必ず、成功できるのです。

成功する方法させキチンと学べば誰でも成功でるのです。

一般社団法人ウエブセールスライティング協会

http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~