前回のヘッドラインが上手く書けて、あなたのサイトに読者が来てくれました。

まずは、サイトアフィリエイトの第一関門を突破できたわけです。
でも、読者はこの段階では、記事に興味がある程度で、

あなたが売りたい品物を買いたいとは思っていません。

というか、「絶対に買わされないぞ!」と考えているのです。

買わされないように警戒している相手に売りこむ話はもちろんですが、売りこむような匂いもさせてはいけないのがリードの鉄則。

でも、「売りこまなかったら買わないじゃないか?」と思う方が多いとは思います。

ここが、売れる人と売れない人との分かれ道です。

モノを買うには、そのモノを買いたいという動機があるわけです。

判り易く言えば、何かの問題・欲望を抱えていて、

それを解決したいという動機があるから人はモノを買うのです。
それを無視してモノを売ろうと思って絶対に売れません。

リードという部分は、見込み客の悩みや願望に共感しながら、

その解決するお手伝いができる事を理解してもらう場所なのです。
あなたを「売りこみの業者」ではなく、

「信用できる人」に昇格してもらうことが、

モノを売るための絶対条件なのです。

あなたを信用してもらえれば、

モノを売ることは非常に簡単なのです。

でも、失敗する人は、あなたではなくモノの宣伝ばかりに終始します。

どこの誰かも判らない人から、あなたはモノを買いますか?

相手との信用を築くことをせずにモノは売れません。

まず、相手との信用関係を作ることを真剣に考えてみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
偶然に人は成功できるのではありません。
必ず、成功できるのです。
成功する方法させキチンと学べば誰でも成功でるのです。
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~