では、リードには何を書けば良いのでしょうか?

リード、つまり導くという意味なのですが、

売りたい商品へ導いてゆくことを書けば良いのです。

もう一度言いますよ。

商品へ導いてゆくことを書くのです。

決して、「売りたい思い」を書いてはいけません。

読者は、買いたくて文章を読みにきてはいません。

そんな人に、商品を買え!と言っても買う訳はありません。

というより、その時点で読者は逃げてしまうだけです。

リードの役目は兎に角文章を読んでもらうための誘導。

そこにあるのは読者との共感なのです。

簡単に言えば、同じ事で悩んだり困ったりしていること。

お互いが共感する部分を提示して信頼を深める。

「この作者は良いこと言うな。信用できそう」と思わせること。

成績の良いセールスマンは商品を売りこむことはしません。

自分と言う人間を売りこんでいるのです。

信用と信頼を相手から勝ち取れば商品を売ることなどは簡単なのです。

これは、サイトや広告の文章でも同じです。

どんな美しいサイトや広告を作っても、

その中に信用できる部分が無ければ人は直ぐに去ってしまいます。

リードは読者との信用を作りながら革新へと話を持ってゆく場所。

読者が、離脱するか、引き続いて最後までついてくるかはリード次第。

そこがあなたの腕の見せ所ということになります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
偶然に人は成功できるのではありません。
必ず、成功できるのです。
成功する方法させキチンと学べば誰でも成功でるのです。
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~