リードは見込み客を自分の世界に共感してもらう大切な部分です。

手抜きは論外ですが、ダラダラ長いのはどうなのでしょうか?

長さと言うものに基準は特にありません。

短いモノもあれば、長いモノもあります。

アメリカの広告でのリードは、

長いモノなら数十ページを超えるものもあります。

これは、売りたい商品を見込み客がどれだけ知っているのかによるのです。

リードの書き方のタイプとも言いますが、

見込み客が初めて耳にするようなものを売る場合には、

その商品の成り立ちから述べなければなりませんから、

リードは当然長いモノになります。

逆に、見込み客が商品の事を良く知っている場合には、

くどくどと知っていることを述べると読むのを止めて離脱するでしょう。

リードの長さは、

読む相手の商品の知識度に応じて調整するべきものなのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
偶然に人は成功できるのではありません。
必ず、成功できるのです。
成功する方法させキチンと学べば誰でも成功でるのです。
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~