さて、リードで読者を誘導するための文章ですが、

では、どんな内容を書けば良いのでしょうか?

これもケースが・バイ・ケースによるのですが、

見込み客が十分に紹介している商品に対しての不信感が無くってから、

クロージングに移らなければなりません。

リードの中身は、売りたい商品への信頼感の構築とも言えます。

全然、モノを買いたいと思っていない段階で、

販売の話をすればそこで見込み客は去ってしまいます。

まず、「自分でもその商品を試してみたいな」といく気持ちさせるまで、親切・丁寧にリードで説明しなければなりません。

ここで気を付けなければいけないのは、

リードは商品スペックを説明するところではないという事。

この手の誤解が多いのですが、

リードで商品のスペック(*この商品は非常に能力が○○で良いのです)的な説明なんか見込み客は全然聞きたくないのです。

商品のスペックではなく、

その商品が見込み客の生活をどのように改善してくれるのか、
幸福にしてくれるか?

そのことにしか見込み客は関心がありません。

リードで述べる核心は、

「あなたの人生を○○という商品は具体的にこのように改善してくれます」という説得をする場所なのです。

リードを書く場合、この事を常に念頭に置いて考えてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
偶然に人は成功できるのではありません。
必ず、成功できるのです。
成功する方法させキチンと学べば誰でも成功でるのです。
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~