さて、集客でも普通のお店の重要が一番多いと言えそうです。

飲食店から美容室、マッサージ店と沢山のお店がありますが、

それだけ競争相手が多い業界とも言えます。

共通することは、ほとんど同じモノ、サービスを売っていること。
玄人でしか判らないレベルでは宣伝にもならないですね。

でも、敢えて競争に勝たなければ明日がないのですから、

何とか集客をしなければなりません。

そこですることは、

売りたい商品・サービスの切り口を変えることを考えること。

マッサージなどでは、「肩こり・腰痛に効く」とかが当たり前のウリです。

でも、同じウリでは埋没して宣伝にはならないですよね。

そこで、「一生、肩こり・腰痛にならない方法あります!」と、
結果を先に出して切り口を変えたりします。

見た人は「肩こり・腰痛にならない方法はどんなもの?」と、

その広告の中身を知りたくなります。

見込み客に、そのように思わせることができたら70%成功。

後は、実際の来店まで誘導すればいいだけ。

まず、切り口を変えることが差別化の一歩と言えるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
偶然に人は成功できるのではありません。
必ず、成功できるのです。
成功する方法させキチンと学べば誰でも成功でるのです。
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~