お店の集客の続きですが、飲食店の集客は一番切実な問題です。

開店して、3か月もお客が予定を下回ったら、

すぐに倒産の運命が近寄ってきます。

飲食店は、お客1人でも100人でも、料理を作る経費自体はそんなに変わらないのです。

光熱費などは、1人のお客さんでも100人のお客さんでも、

そんなに変わらない事を考えて貰えれば判ると思います。

少ないお客さんだと経費が重く圧し掛かるのが特徴です。

飲食店では回転の集客で集めないとどうしようもありません。

ここでは、遠方へのアクセスの必要はありません。

まずは、地域での固定を狙うための集客が必要となります。

この際、目新しい商品・サービスを考えがちなのですが、

お店周囲の人口比率と構成している種類を徹底的に分析する必要があります。

まず、周囲は会社が多いのか、住宅が多いのか。

それから、周辺人口の年齢構成も調べる必要があります。

年齢・性別・仕事で、必要とする価格や欲しい品物が変わります。

そのニーズを抑えられたらそれを集客に使えます。

しかし、この部分の分析が甘いと事業は失敗してしまいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
偶然に人は成功できるのではありません。
必ず、成功できるのです。
成功する方法させキチンと学べば誰でも成功でるのです。
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#セールスライティング #副業 #ネット集客 #見込み客 #新規開拓 #SEO対策 #セールスライティング協会大阪