立地が悪い店編の集客の後編です。

立地が悪い店と言いますが、駅近辺からは離れられないが、

1階の家賃は流石に高いので借りられない。

止む負えなく、2~3階の格安物件で営業を始める店も多いのです。

でも、どうしても客足は、1階に比べると落ちてしまいます。

しかし、そこは工夫次第で大繁盛している店もあるのです。

立地が悪い店にお客の入りが悪いのは認知度が低いためです。

2~3階などの上を向いて歩く人はいませんから、

見過ごされやすいということです。

そこで立地が悪い店の集客はネットよりも駅近くのでの誘導が一番の効果が上がるのです。

もちろん、ただのビラ配りではビラを渡した瞬間にゴミになるだけです。

いくら。ライティングで良い文章を書いても読んでもらっても、

実際に来てくれなければ効果がありません。

そこで、着て貰える話題性を常に提供できるかが集客のキモになります。

それにはビラ配りでは話題性を付加するのがお勧めです。

立地が悪い店で繁盛している店はビラ配りの人が恐ろしく目立ちます。

ある店は、ビラ配りにデカイ頭の赤いアフロヘアのカツラをかぶさせました

通りすがりの人も、

アフロヘアをした人が毎日ビラ配りをしているから気になるわけです。

ついつい、ビラを貰ってその店に行くようになるのです。

これはアフロとかでなくどんなモノにも応用が効きます。

要は、意外性のあるモノで関心を引けば集客は案外簡単にできるのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
偶然に人は成功できるのではありません。
必ず、成功できるのです。
成功する方法させキチンと学べば誰でも成功でるのです。
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#セールスライティング   #副業   #ネット集客   #見込み客   #新規開拓   #SEO対策    #セールスライティング協会大阪