地方の活性化に様々な集客を見てきました。

斬新な考えやアイデアしだいで人を集めることができる。

要は、考え方、やり方でどんな田舎でも集客は出来るということ。

では、差別化が難しいと言われている商品やサービスなら不可能なのでしょうか?

同じサービス・商品でもライティングで大きく変われることも可能です。

例えば、地方での農産物を売る場合。

ブランド品として売るのが主流ですが、

名前の競い合いでは折角の個性が埋没してしまう危険性もあるのです。

良い例がお米で、日本全国でブランド米流行していますが、

名前が乱立し過ぎて覚えられないということになっています。

これではブランド品としての本末転倒ということになります。

私なら、「この○○コメは、お子さんが多いご家庭に向く品種で、

お茶椀1杯の量が増えます」とかの効用を述べます。

ブランド名に惹かれて買う人は案外多くはありません。

そのお米はどんなメリットがあり、どんな用途に向くのか?

お客さん目線の売り方を考えていないコピーが多すぎるのです。

同じ品物でも、お客さん目線のライティングを書けば、

反応率は格段に変わるモノなのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
偶然に人は成功できるのではありません。
必ず、成功できるのです。
成功する方法させキチンと学べば誰でも成功でるのです。
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#セールスライティング #副業 #ネット集客 #見込み客 #新規開拓 #SEO対策  #セールスライティング協会大阪