さて、寄付しても良いと思わせる動機を、

如何に作れるかが勝負の分かれ目と言えると前回申し上げました。

1つは、寄付側の使命感を奮い立たせる方法。

もう1つは、見返りのメリットを如何に値打ちがあるモノとして打ち出せるか。

この2つが成功のキモということ。

その中の1つである寄付側の使命感を奮い立たせる方法。

そもそも、人には社会貢献活動して奉仕したい、

それによって人の役に立ちたいという願望とも見栄とも言える思いがあります。

その思いを果たしてくれるような事業への寄付は案外ハードルが低いのです。

簡単言えば、孤児や戦禍の子供を助ける寄付、

交通遺児たちへの支援の寄付などがこの部類と言えます。

少し話は逸れますが、

巷の公共機関は完全な寄付行為で見返りはありません。

でも、クラウドファンディングなら寄付行為した方への見返り特典が大抵あります。

勿論、金ではなく、感謝の手紙かもしれませんし、

写真かもしれないのですが、

お礼の見返りがあるというのがクラウドファンディングの良いところとも言えます。

一連の寄付行為には無い目の見える形の感謝がある。

これがクラウドファンディングへの寄付を促す武器とも言えます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
代表理事
岸田 稔
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
偶然に人は成功できるのではありません。
必ず、成功できるのです。
成功する方法させキチンと学べば誰でも成功でるのです。
一般社団法人ウエブセールスライティング協会
http://webセールスライティング協会.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#セールスライティング #副業 #ネット集客 #見込み客 #新規開拓 #SEO対策  #セールスライティング協会大阪 #クラウドファンディング